貴重な体験



物ごころつくかつかないかの小さいころから海外旅行や観光に他の家庭に比べると多く両親に良く連れて行ってもらいました。 その頃は、特に知識もなく名前や地名くらいは知っているところだと幼いながらに判断します。 そう独自の思想から長い間ずっと思っていたのです。 つまり、これは今、結局思い返すと他では一般的な家族ではなかなかできない大変に普段ではないような貴重な体験を経験することができました。 そして一番いいとされる多感な時期にできたんだなと、このような経験を経てつくづく心から色々な事を思い起こして自然と感謝してしまいます。



価値観の違い



子供のころは、旅行が特に好きな訳もなく、面倒くさくて仕方なしにという気持ちがどうしても強かったのです。 世間一般的な意見とは違いわざわざお金を出してまでいくというのが、それだけの対価なのか心のどこかで疑問に感じてました。 大人になってからも、自分から時間と手間と少なからずお金を掛けてまで、無理をして最初に何かを求めてスケジュールを立てて旅行に行きたいとは今のところ残念ながら思いません。



バーチャルな旅を体験



私には何故か旅行が、何度もやった面白味のないテレビゲームのように薄っぺらく感じてしまいます。 どちらも、その時の瞬間は楽しいかもしれません。 ここからは得るものがあまりなく、言わば現実逃避のように感じます。 考えられる有効なポイントや要点としては終わった後の時間の無駄や浪費に後悔してしまうのです。 これをなるべく遠ざけるように避けてしないようにしてます。



旅行の意義



今までに旅行したところで、順位を大まかに順位のランキング付けをするとします。 これは結局はどれが一番になるかが大抵のケースでは不明です。 特にもう1度行ってみたい場所が浮かんでこないのは、こういった旅行というものに現時点ではあまり興味がなく心を惹かれることなく関心がないのではないでしょうか。 このように世間が大型の休みで誰もが出かける長期連休というときは、これはどうしても仕方なしに誘われ止む無く不本意ながらも連いて行くこともあります。

生活保護 基準
現地学校
子供の頃の記憶
兄弟の重要性