アメリカでの出来事



アメリカの小学校に2年間通ったのですが、2年目の時にある嬉しいことがありました。 クラスでは、少しやんちゃで出来の悪い女生徒が、何らかの理由で先生に怒られていたのです。 ここでは英語の授業がきちんとなってないと言われるようなことがあったのです。 やはり実際にその時に、その女生徒は日本人の私も出来てないとの言い訳を先生に伝えた時のことです。



嬉しかったことを思い出す



先生は「だって日本人なんだよ」と言ったのです。 その生徒は私が純粋なアメリカ人だと思ってたようです。 そこで算数などは言語の障害がないので一番出来たと思います。 英語は特に学習するのが難しかったですが、これは外国語を流暢にしゃべることに対してです。 自然と向き合う事がかなり上手にできるのはやはり環境と言う事がここではできます。 恥ずかしさなどがない状態になるまでにはやはり時間が掛ります。 これは、やはり特に日本で育った場合やはり羞恥心から抜け出すのには、どうしても時間が思っているよりも慣れるまでは掛ってしまう事が多いのです。 ですから、大人になってから身につけようとするよりも小さい頃から自然で当たり前になります。 これが後がしゃべれるような環境を作ってあげた方がいいのかもしれません。 それでもやはりネイティブに会話ができるようになるためにはこうして、今でも現地で生活をする事が考えると一番早いのではないでしょうか。 これはアメリカでも貧困層では基本的な文法も知らないのです。 アルファベットの読み書きができない人は多いようです。 これは結局はそれでも話をすることはいつの間にかできます。 ですから以上を踏まえると生活をしながら必要な言葉を自然と慣れながら身につけていくことがあります。 これが大人になってからは大変ですが一番いいのかもしれません。

TOP
現地学校
遠足に行きました
子供の頃の記憶
兄弟の重要性